美容整形についてのお悩み

豊胸手術は、世界的なブームになっています。
日本でも、少しでも大きなバストを手に入れたいと豊胸手術を考えている人も多いと思います。アメリカの女性と言うと、バストが大きい人が多くいるようにも感じますが、元々バストが大きな人の割合は少ないらしいです。

アメリカ人は実はブロンドの髪が少ないのと同じ理由なのでしょうか。

ヘアカラーをするような感覚で豊胸手術を受けている人も多いのかもしれません。

ところが、そんな豊胸手術を受ける人が多くいるアメリカでは、、豊胸手術を受ける人が増えている一方で、縮胸手術を受けている人も増えているそうです。縮胸手術を受ける人は、前年度と比較しても11%も増加しているそうです。


豊胸手術は、若い人から年齢が高くなった人でもさまざまな年齢層の女性が受けています。ですが、縮胸手術を受ける人には、あまり若い人はいないみたいです。
小さなバストの人には羨ましい話ですが、なぜバストを小さくしたいのかと言うと、バストが大きすぎるためにバストの重みが体に負担となっているそうです。

バストが小さい人には理解に苦しみますが、首や肩、背中などに慢性的な痛みやコリを患っている人が多く、頭痛も多いそうです。

http://clinic.e-kuchikomi.info/

また、バストが大きすぎてランニングやスポーツなど、動きが激しいことをするときに困っている人が多いみたいです。このように、バストが大きいことで生じてしまう身体的な苦痛から解放されたいと縮胸手術を考える女性が増えているみたいです。

また、バストの大きさを気にするあまりに抑うつになってしまう人や自分に対して自信を持てなくなってしまう人もいるそうです。
バストが大きな人は、自分のサイズの洋服を見つけることも大変なようで、大きなバストのことに関しても周りからいろいろと言われることも多いそうです。

そんな慢性的な苦痛からも解放され、スポーツができるようになったり、自分が好きな洋服を着られるようになった満足感が得られるそうです。